林檎が木から落ちるとき、音が生まれる / エレナ・トゥタッチコワ
林檎が木から落ちるとき、音が生まれる / エレナ・トゥタッチコワ 林檎が木から落ちるとき、音が生まれる / エレナ・トゥタッチコワ 林檎が木から落ちるとき、音が生まれる / エレナ・トゥタッチコワ 林檎が木から落ちるとき、音が生まれる / エレナ・トゥタッチコワ

林檎が木から落ちるとき、音が生まれる / エレナ・トゥタッチコワ

¥2,700 税込

¥10,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

全地域一律
¥360
モスクワ出身で東京在住のエレナ・トゥタッチコワによる初写真集。本書はトゥタッチコワが幼少期の記憶をテーマに、ロシアの自然に囲まれて暮らす兄妹たちのかけがえのない夏の日々を、美しい風景とともに2009年から継続的に撮りためてきた作品群です。 林檎が木から落ちた、それだけのこと。木にいたときも誰の目にも触れず、落ちても草の中に隠れたままの小さな林檎。その音だけがいつまでも記憶に残った。アーニャが11歳になった年の夏の終わり、彼女の髪の毛が一番長く伸びた8月のことだった。(あとがきより抜粋) A4判変型 72ページ 仮フランス装 フルカラー