しるもの時代 家庭料理の実践と書評 / 木村衣有子
5ef721391829cd6ecb99434e

しるもの時代 家庭料理の実践と書評 / 木村衣有子

¥880 税込

送料についてはこちら

“新しいレシピを探すことが億劫になり、過去の名作ばかりつくり続ける時期もあったりする。懐メロばかり聴きがちな状態と、よく似ている。それはそれで、自分にとってのスタンダードが定まったのだといえるのかも。” (「うちの味って」より) “愛を抜き取り、「料理=情」というなら、よく分かる。料理は料理でも、あえて「家庭料理」と謳うならばもちろん「情」は必要だから。でも、あまりにも軽々しく、「愛」をその上にのっけていやしないか。そう、愛の押し売りを強要されるのはいやだし、押し売りされているところを見るのもいやなのだ。存外、純情なのだ私は。” (「読む家庭料理」より) 台所からにじみ出したようなエッセイと書評集。文中では、家庭料理にまつわる本を15冊紹介。 目次: ・エッセイ:うちの味って ・家庭料理の実践と書評:味噌汁飲み  うちの味噌汁/コーヒーと味噌汁と花森安治/本の中の味噌汁論 ・コラム:しるの素  創味シャンタン/キユーピー3分クッキング チャウダーの素 ・飲食書評:読む家庭料理  飲食書評の仕事と「家庭料理」考/『きょうも料理』を読む/愛情は別として、なにしろごはんは炊きたてがおいしい 文庫サイズ 64ページ