わかりやすい民藝 / 高木崇雄
5efdbe28ea3c9d288f10d9fb 5efdbe28ea3c9d288f10d9fb 5efdbe28ea3c9d288f10d9fb 5efdbe28ea3c9d288f10d9fb

わかりやすい民藝 / 高木崇雄

¥2,200 税込

送料についてはこちら

工芸店「工藝風向」店主・高木崇雄さんが語る、わかりやすい 〈民藝〉の本。〈民藝〉に、親しみと興味はあるけれど、いざ柳宗悦の本を読もうとすると、ちょっと難しさを感じる人に、手にしていただきたい一冊。 目次 第一章 これまでの〈民藝〉 四つの〈民藝〉 ー NOTE 「芸」、「藝」、「_」 〈民藝〉が生まれるまで1 柳宗悦と文芸誌『白樺』 〈民藝〉が生まれるまで2 美術・工藝美術・工藝のヒエラルキー ー NOTE 「美術」「工藝美術」と、柳宗悦の抵抗 「民衆的工藝」=〈民藝〉の誕生 ー NOTE 千利休嫌いの柳宗悦 記号化してしまった〈民藝〉のマイナス面 第二章 同時代の〈民藝〉 ロングライフデザイン、アノニマスデザイン スーパーノーマル、業務用品、中古品、骨董品 60年代の日本のものづくり、地場産業、クラフト、作家もの 第三章 これからの〈民藝〉 〈民藝〉を掘り下げる、ブックリスト20 おわりに 120×158mm 340ページ 手すきの和紙「出雲民藝紙」を使った特別仕様カバー