アルテリ10号
5f2e80be7df2812babc018d0 5f2e80be7df2812babc018d0 5f2e80be7df2812babc018d0

アルテリ10号

¥1,100 税込

送料についてはこちら

熊本発の文芸誌『アルテリ』。 「アルテリ」とは、「職人の自主的な共同組織」を意味する言葉。何にも縛られない、自由な書き手のささやかな発信の場でありたいとの気持ちが込められています。 発起人として創刊号から関わる渡辺京二さんは『アルテリ』が生まれる経緯を振り返った
巻頭エッセイで、「隙間が一杯あるのだ。流動的なのだ。」とその特徴について述べていますが、今号もそれぞれの自由な表現が集まりました。 個人的なハイライトは、橙書店の田尻さんが元スタッフから婚姻届の保証人を頼まれた「家族になる」と、その元スタッフの「ゲイの人生」。そのほかにも、谷川俊太郎さんが『石牟礼道子全詩集』から詩句を引用して応答した 空想の対詩、今年から野菜を育て始めた坂口恭平さんの「畑までの道」など。 心地よいそよ風のような熊本からの文学便り。 A5サイズ 148ページ